「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました」ついに授業題材に

「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました」。
こんなキャッチコピーの新聞広告をもとに道徳の授業が生まれた。
多様な価値観がぶつかり合う時代に、異なる視点を持つことの大切さ
を考える。
桃太郎伝説の故郷、岡山県で始まった授業が全国に広がるか――。
12月上旬、岡山県津山市の市立西中学校。2年生の道徳の授業で、
担任教諭の谷本薫彦(くにひこ)さん(39)が生徒へ問いかけた。
「もし桃太郎が鬼にも家族がいることを知ったら、どうしたいと思うだろう」


授業ではまず、昔話の「桃太郎」を学ぶ。
おじいさんとおばあさんから「鬼が村を荒らして困る」
と聞いた桃太郎が鬼ケ島に渡り、鬼たちを退治して物語は終わる。
そこへ谷本さんが鬼の子ども「鬼太郎」というキャラクターを示す。
生徒からは「やっぱり退治するしかなかった」という意見の一方、
「家族がいると分かれば、村に帰ろうと思うはず」という声も出た。
次に、どんな選択肢があれば桃太郎が鬼を殺さずに済むのか議論すると、
「鬼に農業を教えたら村を荒らしに来ない。鬼ケ島に農機具を持っていこう」
といった発想も生まれた。

https://www.asahi.com/articles/ASKDD5H2MKDDPPZB01H.html


農業やらせようって言ってるやつのなろう主人公感


ぼくのお父さんは、野球民というやつに殺されました


かなC


家族がいるのに悪いことするクソ鬼


やっぱ一族郎党皆殺しにしとかなアカンわ


荒らす(盗む犯す殺す)


鬼は全員殺しとかないと後の災いになるな


鬼がどの程度のレベルで意志疎通が出来るかが問題やろ
全然疎通が出来んなら一族郎党殺すべき


イスラエルさんを見ろ、パレスチナ人のガキも撃つぞ


こういうのは高校くらいで教えるべきやろ


でもお前のお父さん30人殺してるじゃん


家族がいたら村荒らしてもええんか?
家族がいたら村人殺してもええんか?


犯罪者を犯罪者にしなければ犯罪もなくなって
みんなハッピーみたいな


根絶やしにしないから遺恨が残る


岡山県津山市
あっ…


都井睦夫さんの話かな


やっぱり退治するしかなかった
という現実を見ている有能意見


子供と犬と猿と雉程度にやられる鬼側に問題があると思うんです


神の血引いとるししゃーない


関係ねぇよ悪は悪だ


鬼が家族いない天涯孤独だったらサッと殺してええんか?
家族おるおらんで行動変えるくらいなら初めから鬼退治なんかいかなきゃええんや



桃太郎男前やな


よく考えたら桃太郎って教訓なにもなくね?


桃太郎は鬼をこらしめただけやから


名将ほど相手の女子供も殺しそう


ガキ1人お情けで生き残らせた結果戦争になって大勢死ぬのは
歴史上普通にあることやからな


源頼朝


異なる視点っていうのは自発的に持つから意味があるのであって
教材にしたらただの別のお話が増えるだけや


ぐう正論


勧善懲悪ものは諸刃の剣だな


中学生の教材なら妥当だな
小学生相手なら一方的に勧善懲悪植え付けでいいと思うわ


無法地帯で好き勝手やった人間が処罰されないのは駄目
暴力でうまい汁すすってきたんだから暴力で懲らしめられても仕方ない
そこは倫理観の話


じゃあ復讐されないように家族も全員殺さないとな


憎しみの連鎖を止めるために根絶やしが必要です
という意見広告やね


鬼側が村荒らしてる描写も聞かせないとフェアやないよな

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。